膣縮小術の施術方法と受けることで得られるメリット

膣縮小術の施術方法と受けることで得られるメリット


膣縮小術のメジャーな方法

膣縮小術とは、その名の通り広がってしまった膣を外科的に縫い縮める方法です。メジャーな膣縮小術の方法としては、膣の壁に2か所切開を入れて離れた2つの創縁を縫い縮める、という方法です。膣はその壁の構成成分がほとんど粘膜と筋肉によるものです。そのため加齢によって筋肉そのものが緩んだり、出産によって筋肉や粘膜組織が切れたりすることによって拡大してしまった膣を、外科的に縫い縮める手術であると言えます。筋肉のトレーニングが難しく、自力ではなかなか一度緩んだ膣を引き締め直すことが難しいので、膣縮小術を希望する女性は決して少なくはないと言えます。大掛かりな手術ではなく、特に問題なければ手術日の夕方には帰宅できる、ということも人気です。

膣縮小術を行うことで得られるメリット

膣縮小術を受けることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。膣縮小術を検討する女性はよく、パートナーとの性生活を充実させるため手術を受ける、という理由で希望されます。施術によっては膣の中に盛り上がりをつけるなど、ただ単に膣を縫い縮める以上に自然な形の膣を整形してくれるので、パートナーにも違和感を感じられにくいのがメリットのひとつです。また、膣が緩んでくるとお風呂に入った時に膣にお湯が入って不快、と感じる女性も少なくありません。そういった加齢や出産後の変化で日常生活の困った、と感じることが増えた女性にとって、出産前のような生活を取り戻せる可能性がある手術である、として大変注目されているのです。

膣縮小というのは、膣内部が加齢や出産によって緩んできた際に膣内部を引き締めるために行う施術法のことです。

カジノゲーム